青年部会
Youth group

青年部会長 挨拶

  • 理事長

    福岡市管工事協同組合
    青年部会長 小金丸 剛

  •  新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

    昨年は西日本豪雨や北海道地震などの自然災害が発生した様に1年間を漢字1文字で表すならTVで放送された様に「災」の年だったのではないでしょうか。毎年の様におこる自然災害は我々が予期せぬところで発生いたしますがライフラインを生業としている私達、管工事業界からしてみても気にならない物事ではなく不測の事態に備えなければならないのではと考えております。また、今年の10月に予定されております消費税の増税や、2020年には東京オリンピックが開催となりますが、地元福岡で仕事をしている身としては今後の建設業界がどのようになっていくのか気になるところであります。

    今年の青年部会はLIXILと合同で進めている水の学校(仮)というイベントを管工事組合の近所の子供達を対象に開催する方向で現在動いております。将来、このイベントを通して管工事に関心を持って頂ければという気持ちと色んな場所で開催する事によって管工事の大切さを伝えれるイベントにできるように進めていきたいと思っております。

    また、例年お願い致しております献血活動を4月に実施します。上記に書いている様に災害が発生し怪我人がでれば確実に血液は必要となります。この献血活動というボランティアを通じて社会貢献ができればと考えておりますので皆様の御協力の程宜しくお願いいたします。

    さて、今年は福管協青年部は設立40年の年となります。今まで多くの諸先輩方が守ってこられた青年部会が40年目を迎えるわけですが、こうして長きに渡り青年部会が継続し活動できたのも組合員の皆様のご理解、ご協力があってのものと思っております。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

    今後も管工事組合、業界発展の為、また次世代が加入したくなるような青年部会を目指して精進してまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

    最後になりますが会員の皆様の御多幸と御健勝をお祈り申し上げると共に、本年が皆様にとって素晴らしい一年になる事を祈念いたしまして年頭の挨拶に代えさせて頂きます。

青年部概要

部会名
福岡市管工事協同組合 青年部会
所在地
〒810-0016 福岡市中央区平和3丁目20-10
TEL/FAX
TEL. 092-531-3066 / FAX. 092-522-5287
会長名
小金丸 剛
設立年月日
昭和55年4月
会員数
34名(平成30年9月現在)
役員
会長 小金丸 剛(株式会社ユノキ設備)
副会長 睫遏ヽ悄奮式会社高野商店)
  毛利 崇志(有限会社毛利設備工業)
会計 藤岡 昭太(株式会社博東設備工業)
監査 菰田 雅之(有限会社菰田設備)
役員 石田 大輔(株式会社石田設備)
  原田  剛(株式会社サンワ商会)
  石井 純友(有限会社亜細亜設備工業)
委員会
中央会活動委員会
中小企業団体中央会という団体の担当で、講習会やセミナー、大会等に出席しています。
研修会企画委員会
様々な研修会を企画・開催しており給水装置主任技術者試験対策講習会などを開催しています。
イベント企画委員会
青年部会での催し物や各種イベントを提案・開催しております。
(忘・新年会、献血活動等のボランティア活動など。)

青年部会員名簿

会長 小金丸 剛
株式会社ユノキ設備
副会長 睫遏ヽ
株式会社高野商店
副会長 毛利 崇志
有限会社毛利設備工業
会計 藤岡 昭太
株式会社博東設備工業
監査 菰田 雅之
有限会社菰田設備
役員 石田 大輔
株式会社石田設備
役員 原田  剛
株式会社サンワ商会
役員 石井 純友
有限会社亜細亜設備工業
会員 有吉 健太
蠕称誉瀏
会員 眦帖ゝ
宝満設備工業
会員 長濱 正卓
蠶降製酸
会員 山崎 健
豊盟工業
会員 八木 廣光
詒木工業
会員 松本 勝海
觴稷媽瀏工業
会員 山下 裕美
蟷害疾瀏
会員 八木 龍治
壱岐設備工業
会員 野田 郁信
三苫管工
会員 本村 雅彦
三陽工事
会員 寺崎 哲
觧崎設備工事店
会員 安藤 浩純
訛臈貔瀏
会員 中村 健一
袁打鮴瀏工業
会員 千住 達郎
蠖霾羚業
会員 阿部 弘
覦ど商会
会員 松尾 剛
蠑照管工
会員 竹田 泰雄
竹田工業
会員 諌山 幸一
蠧A雲瀏工業
会員 野 翔太
衞銷工業所
会員 田中 厚史
衙友技建工業
会員 岩本 大輔
衙友技建工業
会員 楢崎 亮
蠶日プラント
会員 田井 祐貴
蠖綫
会員 酒井 哲朗
袁打鮴瀏工業
会員 山 啓功
蟷鎌設備工業
会員 今泉 貴行
觝泉設備工業

青年会